FC2ブログ
2019年05月30日 (木) | 編集 |
日本中の管理栄養士や栄養士たちが、それぞれの専門性を発揮して社会貢献する基本情報や新展開情報を共有する機関誌「日本栄養士会雑誌」6月号、巻頭1ページ「わたしと食、食とわたし」に公表されたテーマです。

編集委員会からの依頼文には
「テーマは自由です。……思い出に残る食卓、食べることの喜びなど、食の温かみを伝えることにより、あらためて管理栄養士・栄養士が食に携わっていて良かったと感じ、職業意識の向上につながることを目的としております。……」
とのこと、依頼内容の深さにかなり悩みました。
“管理栄養士として、栄養・食の専門家として何を一番大事にしているか?”と自分自身への問いかけでもあったからです。

人間・生活・地域・地球を包括する国際的な課題へ“一人残らずすべての人”をキーワードの一つにする取り組みである“「SDGs」と私たち”で書くか。
両者は密接につながっていますが、栄養・食に関する両極に位置づくような2つのテーマのどちらから書くか、散々迷った結果です。

“いいなと思う(のぞましい)食事像”を具体的に描けない子どもたちが少なくない現状の中、一人の生活者としても、栄養・食の専門家としても、2020オリンピック・パラリンピックを機会に、和「食事」の魅力を発信し・交流したいと願います。

190531_001.jpg
※クリックで拡大します



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック